*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合意形成とは
前回の会議のときに「合意形成」という言葉が出ていました。
あのときの雰囲気だと、この言葉のとらえ方は、
今回の企画に深く関わることになるような気がします。

ただ、会議の場でも、この言葉の意味合いを図りかねている人が
少なからずいたように思います。

そこで少し、意識共有のために確認をしたいと思います。
合意形成という言葉には実はconsensus buildingという、
もとになる英語があります。
このコンセンサス・ビルディングとは
「さまざまな組織やグループがほぼ全員一致の合意に達する方法、
そしてその合意をうまく実現させる方法」だそうです。
そしてそのための枠組みや手順のようなものもあるようです。

今回の企画に関わる「合意形成」とは、この用語の意味と
関連を持つものなのか、それとも単語としては同じだけど、
専門用語としての「合意形成」ではなく、
文字通り合意を作り出していくことといったレベルでとらえるのか。
そういうところを意識しておいて次の会議にのぞむと、
話を進めやすくなるかもしれません。

Ryo.
スポンサーサイト
12月イベント会議 <議事録>
こんにちは、廣田です。
11月14日に12月イベントに向けて、実行委員会議を行いました。
下の記事には決定事項を載せております。ご確認ください!

こちらでは、白熱した会議の内容を報告したいと思います。

~*~*~*~
第1回イベントで「何をしようか?」を話し合いました。
大きく議論が起こったのは以下
〇人脈を広げ、楽しく交流するのか?
〇社会人サークルAile-vertとしてメッセージの発信をするのか?

その結果
難しいかもしれないけれど
問題意識を持って、会に来てくれた人が学びあえるような仕掛けを作ることで合意しました。
楽しい交流の時間として、イベント後に懇親会も企画します。

改めて考えると難しいようですが
実は、今までやってきたことと変わりはないのです。
問題意識を持ち、知識を深めて発表したり
講師の先生にお話しいただいたり
討論したりしてきました。
Aile-vertはやはりこのスタンスなのでしょう。

この議論は「社会人サークルAile-vert」とは?にもつながってきますね。

そして12月イベントのテーマは「合意形成」
普段何気なく行っている“話し合い”のプロセスを意識して体験してみる。
どうしたら、うまく聴ける?伝えられる?
それぞれの資源を十分に活かす話し合いは、どうしたら生まれるのか?
体験して、考えてみましょう!

とはいえ、まだ中身は詰め切れていない状態です。
今後、テーマに沿えるよう考えていきたいと思います。
当日にご期待ください!!

また、意見などありましたら、ご連絡お願いいたします。

今回の会議自体よい「合意形成」の場となりました^^
新しい出発
先日の会議に参加されたみなさん、おつかれさまでした。
会議の報告は、sahoさんが書いてくれるそうなので、またご覧ください。

会議の時に、バトンをまわして記事を書こうということになったわけですが、
最初のバトンを受け取ったので、僭越ながら少しお話させてもらいます。

わりとちょくちょく同志社には顔を出していたりするので、
まがりなりにも働き始めて、もう半年も経った実感はあまりなかったりします。
まあ、夏休みという名の無給期間が長かったので、実際半年も働いてないわけですが。
とはいえ、学生気分というわけでもないので不思議な感じです。

さて、せっかく先日新しいスタートを切ったので、社会人サークルの話をしましょう。
OB会が出来たときから、社会人サークルや果てはNPOなど、その行方はいまだ未知数という、
この集まりだったわけですが、先日の会議で社会人サークルになることが決まりました。

ここまで、なんだかんだでいろいろあったと感じる人もいれば、
ちょっと唐突な話に感じる人もいるかもしれないですね。
今の時点では、参加者もOBだけで、在学時のAile-vertと変わらないわけですが、
やっぱり日ごろから顔を合わせて、話が出来ない分だけ、前と比べると、
全体で意思の疎通をとるのが難しくなっているはず。
今後、この集まりがどうなっていくのか、個人的には楽しみであると同時に、
ほんのすこし、不安な感じもしています。

一応、活動の方針や具体的な活動案もある程度決まったわけですが、
まだまだ動き始めたばかり、まだまだ集まり自体の形もはっきりとしないまま、
当分は手探りで進めていくことになるでしょうね。
僕も一番最初からAile-vertに関わっていたというわけではないですが、
やっぱりはじめの方は何もかも試行錯誤しながら進めていた気がします。
あの頃とは、状況は全然違うけど、重ねてきた経験は何かの役に立つはず。


もともと他の人との交流とか、一緒に何かをしたりとか、苦手な方で、
改めて考えるまでもなく、会の理念とはある意味一番遠いメンバーかもしれない僕が、
ここまで抜けることなくやってきたのは、ある意味自分とは間逆のベクトルを持つ
人たちの自分にはない行動力や、その行動の先にある何かに興味があったからかもしれない。

この集まりもやっぱり、何かやってくれそうな雰囲気を持っている。
その先にある何かは、今はまださっぱり見えてこないけど、それがぼんやりとでも、
見えてくるのを楽しみにしながら、この船出を見守ろうかと思います。

Ryo.
社会人サークルAile-vertとは
同志社大学のサークル「教育と社会問題を考える会Aile-vert」の元メンバーを中心に立ち上げた社会人サークルです。

カテゴリ
リンク
訪問者数
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
作業用リンク(メンバー用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。