FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2011/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「行かずに死ねるか!」報告。
【活動報告!】
11月26日(土)Aile-vert企画「行かずに死ねるか!~世界一周放浪の旅~」

教育現場を巡りながら、世界16か国を旅したバックパッカー
京都教育大学の井上裕一朗さんを囲む座談会が、無事終了いたしました。

参加者は9名。
豊富な旅の写真とともに、語られるエピソードは興味深いものばかりでした。
旅のノウハウや、ハウツーはもちろん
世界一周をしたからこそ出会えた人たちとのやりとりなどを聞くと
つい「行ってみたい!」と思ってしまいました。

今回の座談会では
普段の生活では感じないような刺激を感じていただき
生活を見直したり、新しい何かに気付く機会にしていただくことを目的にしていました。

「世界一周をしてみて、何かを考えるときに世界の事を考えられるようになった」
世界一周を終えて、何が変わりましたかと聞くと
「自分自身は何も変わっていない」と話される井上さんが、最後に言われた言葉です。

実際に旅にはいかなくても
色んなものから刺激を受け、感じることで、視野は広がっていくのかもしれません。

でも、私はすぐにでも旅立ちたくなりました!
世界って面白そう!

企画:五嶋、廣田、安田

廣田沙穂
スポンサーサイト
伝統の繋ぎ方
私は生まれも育ちも枚方市です。

「ひらかた」という地名は全国にいくつもあるのですが
「枚方」と書くのはここだけ。
市の花は「菊」。ひらパーの菊人形をご存知の方は多いでしょう。

この菊人形、展示の採算が合わなくなったため
数年前に一度「もうやらない」と結論を下されました。

その記事を見たとき、とても寂しくなったのを覚えています。
地元の伝統が消えていくというのは、とても切ないものでした。

しかし、その2、3年後
なんと菊人形は復活しました!
伝統を失くすまいと市民からたくさんの声が上がり
菊人形の技を市民が継承することとなったのです。

応募の中から選ばれた市民が技を継承し
ボランティアとして菊人形を制作し
それが、展示されるまでになりました。

今年も枚方市駅周辺では、菊の品評会と菊人形の展示が行われていました。
ひらパーの展示も復活すればいいのに。


伝統の継承は難しいことも多いと思うのです。
ですが、その技を大切に思う人が大勢いれば
守られてゆくのかもしれません。

伝統は技を受け継ぐ人だけの問題ではなくて
その周辺にいる大勢の人の問題でもあるのかもしれません。

廣田
社会人サークルAile-vertとは
同志社大学のサークル「教育と社会問題を考える会Aile-vert」の元メンバーを中心に立ち上げた社会人サークルです。

カテゴリ
リンク
訪問者数
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
作業用リンク(メンバー用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。