FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しい出発
先日の会議に参加されたみなさん、おつかれさまでした。
会議の報告は、sahoさんが書いてくれるそうなので、またご覧ください。

会議の時に、バトンをまわして記事を書こうということになったわけですが、
最初のバトンを受け取ったので、僭越ながら少しお話させてもらいます。

わりとちょくちょく同志社には顔を出していたりするので、
まがりなりにも働き始めて、もう半年も経った実感はあまりなかったりします。
まあ、夏休みという名の無給期間が長かったので、実際半年も働いてないわけですが。
とはいえ、学生気分というわけでもないので不思議な感じです。

さて、せっかく先日新しいスタートを切ったので、社会人サークルの話をしましょう。
OB会が出来たときから、社会人サークルや果てはNPOなど、その行方はいまだ未知数という、
この集まりだったわけですが、先日の会議で社会人サークルになることが決まりました。

ここまで、なんだかんだでいろいろあったと感じる人もいれば、
ちょっと唐突な話に感じる人もいるかもしれないですね。
今の時点では、参加者もOBだけで、在学時のAile-vertと変わらないわけですが、
やっぱり日ごろから顔を合わせて、話が出来ない分だけ、前と比べると、
全体で意思の疎通をとるのが難しくなっているはず。
今後、この集まりがどうなっていくのか、個人的には楽しみであると同時に、
ほんのすこし、不安な感じもしています。

一応、活動の方針や具体的な活動案もある程度決まったわけですが、
まだまだ動き始めたばかり、まだまだ集まり自体の形もはっきりとしないまま、
当分は手探りで進めていくことになるでしょうね。
僕も一番最初からAile-vertに関わっていたというわけではないですが、
やっぱりはじめの方は何もかも試行錯誤しながら進めていた気がします。
あの頃とは、状況は全然違うけど、重ねてきた経験は何かの役に立つはず。


もともと他の人との交流とか、一緒に何かをしたりとか、苦手な方で、
改めて考えるまでもなく、会の理念とはある意味一番遠いメンバーかもしれない僕が、
ここまで抜けることなくやってきたのは、ある意味自分とは間逆のベクトルを持つ
人たちの自分にはない行動力や、その行動の先にある何かに興味があったからかもしれない。

この集まりもやっぱり、何かやってくれそうな雰囲気を持っている。
その先にある何かは、今はまださっぱり見えてこないけど、それがぼんやりとでも、
見えてくるのを楽しみにしながら、この船出を見守ろうかと思います。

Ryo.
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

船人のこころ
とても心の温まる記事だと思いました。
正直で飾らない想いや考えを書いてくれてありがとう。
楽しみと不安が入り混じっているというところ、私も同じきもちです。
楽しみが大きくなったり、不安が大きくなったりします。
でも、流されたにしろ選んだにしろ、「いったん漕ぎ出したならばとりあえず前に進んでみよう」というのが、どうやら私のスタンスらしいです。
まさに、「乗りかかった船」というやつです。
一ついえることは、未来は見えないからこそ美しいと思うのです。
どうなるかわかりません。
それが不安と思うかもしれませんが、それは可能性が多様にあるということで、魅力でもあると思うのです。
可能性の魅力、不完全・不確かさのもつ魅力、とでも言いましょうか。
話が散漫になりましたが、どんな旅になるのか、そして、どんな未知なる地へ行き着くのか、楽しみに進んでみましょう。
海は広く、我々が船を進める限り、可能性は、無限なのだから。
No title
なるほど、らしいスタンスですね。

まだ見えないこの先の道、可能性と不確かさのもつ魅力を
楽しみながら、進んでいきましょうか。
社会人サークルAile-vertとは
同志社大学のサークル「教育と社会問題を考える会Aile-vert」の元メンバーを中心に立ち上げた社会人サークルです。

カテゴリ
リンク
訪問者数
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
作業用リンク(メンバー用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。