*All archives* |  *Admin*

2018/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水都大阪フェス2011に行ってきた
昨日、水都大阪フェス2011チャレンジウィークの初日に行ってきました。

少し前に、『コミュニティデザイン』という本を読んでから、
建物や広場などを作ることよりも、そこを利用する人たちに視点をあて、
その場を活用するためのコミュニティをしっかりつくり上げるという
アプローチに興味を持っていました。

その著者が今回、水都大阪フェスの4人のディレクターのうちの
ひとりになっているということで、どんな催しになっているのか気になり、
現地をいろいろ見てきました。

今回は、水都大阪フェスのプロジェクトの1つ水辺バルというのをメインに見てきました。

印象的だったのは、水辺に展開する店の人々や、イベントのスタッフ、
ボランティアの人たちの協力して大阪を盛り上げていこうという姿勢。
イベント開催日の直前には、近隣の店の人も参加して会場の清掃など、
なかには社長自らそうした活動を進んで行なっているところもありました。

そういう活動的な、前向きな熱気のようなものは、
きっと水都大阪フェスを訪れた一般の人にも、伝わっていたのではないかと思います。
そして何より、水都大阪2009以降、地域・行政・ボランティアなど様々な人が、
関わり一緒になって、その都度たくさんの課題にぶつかりながらも、
大阪を盛り上げるための取り組みをしてきたこと。
それが、関係者の間に親密さを生み出し、次第によりよい成果がでてくるように
なってきているのではないかなと感じました。

その意味ではやはり、まちづくりにとって、そこに関わる人というのは、
とても大切なんだと改めて実感しました。

スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

社会人サークルAile-vertとは
同志社大学のサークル「教育と社会問題を考える会Aile-vert」の元メンバーを中心に立ち上げた社会人サークルです。

カテゴリ
リンク
訪問者数
RSSリンクの表示
最新記事
最新コメント
ブログ内検索
作業用リンク(メンバー用)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。